Twitter
78
コメント
山の斜面に設置したソーラーパネル(10m×7m)強風で飛ばされる
1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [CN] 2018/09/04(火) 18:57:22.26 ID:ZpbGXT7H0
強風でソーラーパネル飛ばされる 高松

4日午後、高松市で、山の斜面に設置してあったソーラーパネルが飛ばされ、近くの電柱などに倒れかかっているのが見つかりました。市は台風による強風で飛ばされたとみています。

高松市によりますと、4日午後1時すぎ、香川町浅野の電柱にソーラーパネルが倒れかかっているのが見つかりました。

市によりますと、見つかったソーラーパネルは縦およそ10メートル、横およそ7メートルで、数メートル離れた山の斜面に設置されていたソーラーパネルがなくなっていたということで、市は台風による強風でパネルが飛ばされたとみています。

市や警察には、これまでにソーラーパネルにぶつかってけがをしたといった情報は寄せられていないということです。

高松市では4日午後1時24分に21.4メートルの最大瞬間風速を観測していました。

[NHK 2018.9.4]
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180904/k10011608531000.html


※補足 別ソース
台風21号でソーラーパネル飛ぶ 香川・高松市

▽写真 高松市水防本部提供

[KSB瀬戸内海放送 2018.9.4]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00010014-ksbv-l37


※関連記事
【やっぱりこうなった】画像:斜面に並べられたソーラーパネルが大雨で倒壊し、新幹線も止める壮絶な状態。危険地帯がたくさんある模様



【恐怖画像】豪雨で太陽光パネル(約3600平方m)崩落、真下には住宅・国道



【これは酷い】韓国系が出資:伊豆高原メガソーラー建設。東京ドーム10個分の森を伐採、東京ドーム20個分の敷地に12万枚のパネルを敷き詰める


続きを読む
51
コメント
今年の最強台風21号で、コーナンのHPがゼロになる
1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/09/04(火) 14:56:43.43 ID:hQ3SoGaK
【速報】関西の橋の上がヤバすぎる!横転し(動画あり

取り急ぎ2に

2: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/09/04(火) 14:56:59.23 ID:hQ3SoGaK0
ソース



9: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [US] 2018/09/04(火) 14:58:28.08 ID:6MKcPe0k0
>>2
こわっ!!!!

続きを読む
33
コメント
【画像速報】関空連絡橋に巨大タンカー(90M2600㌧)激突、連絡橋大破
1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [DE] 2018/09/04(火) 15:37:04.01 ID:bQpYACKK0
全長89mのタンカー、関空連絡橋に衝突 強風で流され

第5管区海上保安本部によると、4日午後1時32分ごろ、関西空港と陸地を結ぶ連絡橋に、タンカー「宝運丸」が衝突した。タンカーは近くの海で停泊中で、台風の強風に流されたという。タンカーは長さ89メートル、2591トン。乗組員11人にけがはないという。

[朝日 2018.9.4]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000051-asahi-soci

8: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [ニダ] 2018/09/04(火) 15:38:21.39 ID:SVsd7D+t0

58: 名無しさん@涙目です。(catv?) [CN] 2018/09/04(火) 15:44:40.15 ID:whJSus6f0
>>8
あらあら

続きを読む
160
コメント
(‘A`) 愛媛県知事、両陛下に豪雨の被害状況を説明 ※ノーネクタイで
1: クロ ★ 2018/07/25(水) 20:06:42.08 ID:CAP_USER9
愛媛県知事 両陛下に豪雨の被害状況を説明

西日本を中心とした記録的な豪雨で大きな被害を受けた愛媛県の中村知事が、25日、皇居を訪れ、天皇皇后両陛下に被害の状況などを説明しました。

愛媛県の中村知事は、午後1時に坂下門にタクシーで到着し、歩いて皇居に入りました。そして、両陛下のお住まいの御所の応接室で、被災現場の写真を示しながら、およそ40分にわたって豪雨災害の被害状況や県の対応について説明しました。

知事によりますと、両陛下は熱心に聞き入り、被災した人たちの生活の状況や、果樹栽培などの産業への影響を心配し、復興に向けた課題についても尋ねられたということです。そして、「暑さに負けずに頑張ってください」と言葉をかけられたということです。説明を終えた中村知事は、「両陛下は、一つ一つの状況についてわがことのように心配されていて、本当にありがたく思います」と話していました。

両陛下は、来月2日に広島県の湯崎知事と岡山県の伊原木知事からも被害の状況などについて説明を受けられることになっています。また、現地の状況も見ながら、ことし秋ごろ、今回の豪雨災害の被災地を訪れ、被災した人たちを見舞われる方向で、検討が始められているということです。




[NHK 2018.7.25]
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180725/k10011548601000.html

3: 総本家 子烏紋次郎 2018/07/25(水) 20:12:00.94 ID:nbdHoVRP0
臭い知事が陛下まで巻き込むか

世も末だな (`・ω・´)

57: あなたの1票は無駄になりました 2018/07/26(木) 03:47:57.68 ID:fVvcdLv90
災害の状況を知事が陛下に説明するなんちゅうのは
異例中の異例なんじゃね?

東日本大震災の時でさえ
達増知事,村井知事ともに説明なんかしてないと思うが・・・

続きを読む
107
コメント
【豪雨】米軍海兵隊、支援要請がないので休日に道具持参でボランティア「助けが必要なら助けに行きたいし、ここは間違いなく助けがいる」
1: (^ェ^) ★ 2018/07/24(火) 18:07:30.82 ID:CAP_USER9
【豪雨】支援が不足する地域に米軍海兵隊が休日返上、道具自前でボランティア「トモダチ助ける」

ヤンソンさんの誘惑@グラたん‏ @Jansson636

支援の不足する地域に米軍からボランティアが。
こういうのはどんどん報道して!
#グッドモーニング #西日本豪雨









(略)

▼ネット上のコメント

・沖縄じゃ絶対に放送しなさそうだ…

・沖縄の人だって、米軍にいい人がいることはちゃんと知ってる。どれだけ多くの人がアメリカ人のとこに嫁いでいくから。だけどそれを遥かに上回るくらいの事件、事故があるのを知って欲しい

・こういうニュースに乗じて、日本そのものや政府批判に利用する人達ってマスゴミかそれ以下の存在でしょ。

・これもまた結び

・三枚目のやつが心に響くわ

・これですよ!海兵隊の皆さんありがとうございます!😂😂😂友国の士に敬礼!!

・こういう事は、どんどん広まっていって欲しいですね!

・最高やわ

・こういう内容をどんどん報道されるべきです!

・素晴らしい!

・この話非常に素晴らしいのに関西では一切流れなかったのが残念すぎる…!!

・『変化を生み出した』っていいですね…

https://snjpn.net/archives/60048


※補足
在日米海兵隊‏ @mcipacpao

https://twitter.com/mcipacpao/status/1021307226974171137


【西日本豪雨】
「トモダチ助けるのは当然」 在日米軍有志も岩国の被災地でボランティア
[産経 2018.7.19]
https://www.sankei.com/affairs/news/180719/afr1807190038-n1.html

4: あなたの1票は無駄になりました 2018/07/24(火) 18:10:04.63 ID:8wALOBIa0
勝手にうろついてもいいの?
米軍属って

続きを読む
50
コメント
【西日本豪雨】広島:土砂災害の危険箇所など伝える石碑、県内に50以上存在
1: 樽悶 ★ 2018/07/23(月) 15:39:41.87 ID:CAP_USER9
【現場から、】西日本豪雨、土砂災害 石碑が記す危険箇所

豪雨被災地・広島でも復旧作業が続いています。現場からの報告です。

広島県坂町です。連日の猛暑の中、住民やボランティアなどが懸命に土砂の撤去を続けています。一方、あちらでは行方不明者の捜索が続いていて、周辺の住民は、復旧のスタートラインにもつけていません。このような所は、まだまだあります。そして、この横にある公園なんですが、石碑が立っています。石碑には、この辺りで過去にも同じような大きな災害があったことを伝えています。

坂町・小屋浦地区。背後の山で土石流が多発して、大量の土砂が住宅地に流れ込みました。6日の夜、政本治さんは、近くに住む母・朝子さん(88)と姉の典子さん(62)に、自宅のそばを流れる川から離れるよう呼びかけました。川が増水し、濁流となっていたからです。

「こんなことになると思わなかったから、『高台に逃げといてくれ、2人で』と。川より高い場所だから、私はあの電柱のあたりにいた。(そのとき2人の姿は)見えていた」(政本 治 さん)

しかし、それを最後に、2人とは連絡がとれなくなりました。2人が避難した高台も、土石流に押し流されていました。朝子さんは翌日、典子さんは9日後、遺体で見つかりました。

「悲しいけど、涙が出ない。今生きている人間がどうやって生活していくか、それを考えるだけ。土石流は・・・想定外」(政本 治 さん)
「72年間で、こういう被害見るのは初めて」(小屋浦地区の住民)

他の住民も、想定外と話す大規模な被害。小屋浦地区を襲った土石流は、砂防ダムを根こそぎ破壊していました。70年前に石積みで造られたものでした。

今回の土石流を食い止めることはできませんでしたが、当時から小屋浦地区での土砂災害の危険が認識されていたことが分かります。さらに、小屋浦地区には、111年前にも土石流が集落を襲い、多くの犠牲者が出たことを記す石碑も残されています。この地区では、過去にも大きな被害を受けていたのです。広島大学の調査では、今回のような水害を伝える石碑が、広島県内に少なくとも50基あることが分かっています。

「昔の人も、普段の川の流れを見ていると、まさかこんなことになるとは、と書いてある」(調査結果をまとめた 小山耕平さん)

中でも、明治時代と大正時代に多くの犠牲者が出た2つの豪雨を記録する石碑は、今回、大きな被害を受けた地域と多くが重なっています。

「山が崩れるのは、よそのことだと・・・」(女性)
「もう70年も生きていて、そこまで避難しなくてもいいと・・・」(男性)

繰り返されてきた土砂災害。その記録を現在の住民の危機意識や避難に結び付けられるのかが問われています。

広島では2014年にも77人が亡くなる土砂災害が発生しました。その経験から、過去の災害を学んで、住んでいる土地の危険性を知り、命を守ろうと、各地でさまざまな取り組みが始まっていました。しかし、わずか4年で、その災害をはるかに上回る規模の災害が発生。避難の途中だった人、そして、まさに避難しようとしていた人が多く犠牲となりました。

山沿いに住宅が集まる広島で、繰り返される土砂災害から命を守るために、何が必要なのか・・・。広島は重い課題が突きつけられています。






[TBS 2018.7.23]
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3428142.html


※関連記事
【すげぇ】広島・意識高い団地(高齢者多):全域が土石流被害想定箇所、普段から徹底訓練した結果→土石流くらってもけが人ゼロw


30: 名無しさん@1周年 2018/07/23(月) 15:56:28.59 ID:hVrONu5n0
異常気象なんだし過去のことを参考にしたらダメだろ

7: 名無しさん@1周年 2018/07/23(月) 15:43:24.29 ID:CM62K+dm0
明治、大正にも同じような被害が起きてるんなら
現代が特に異常気象ってわけでもないな

58: 名無しさん@1周年 2018/07/23(月) 16:17:20.74 ID:/4umOCLq0
>>7
それな

続きを読む
41
コメント
嵐の義援金20億円 東日本大震災をきっかけに地震から豪雨まで支援、8年め。松潤「少しでも自分たちができることをやっていきたい」
1: 焼き鳥 ★ 2018/07/21(土) 13:45:22.00 ID:CAP_USER
嵐の義援金20億円 大震災から豪雨まで8年間支援

嵐の松本潤(34)が20日、広島、愛媛両県庁を訪れ、西日本豪雨の復興支援のため義援金(各5000万円)の目録を贈呈した。東日本大震災をきっかけに11年から嵐が始め、今月1日に8回目を終えた毎年夏のイベント「嵐のワクワク学校」の収益の一部。広島市安芸区、矢野南小の避難所を訪問した松本は握手や撮影に応じ「まだまだ暑いですが乗り切ってください」と、被災者を励ました。

広島県庁で湯崎英彦知事が「とても不安な状況。嵐の皆さんの気持ちをいただけるのは勇気づけられる」と謝意を述べると、松本は「一刻も早く平時の生活に戻れるよう、少しでも自分たちができることをやっていきたい」と継続支援を約束。また、愛媛県庁で中村時広知事と面談した後、松本は「岡山県にも後日、嵐のメンバーが伺うように調整している」と話した。

ワクワク学校の収益の一部について嵐は、これまでも東日本大震災や熊本地震などの復興支援義援金として被災地に贈呈してきており、今回を含め8年間で計約20億円に達した。嵐は今後、岡山県でも義援金5000万円を贈呈する予定。

▽写真 広島市安芸区の避難所を訪問し、写真撮影に応じる松本潤(右)(共同)



[ニッカンスポーツ 2018.7.21]
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807210000056.html

3: Ψ 2018/07/21(土) 13:48:44.42 ID:kNDP2eMp
必死の24時間テレビの3倍

続きを読む
42
コメント
【やっと】「太陽光パネル」震災以降急増。神戸市が設置規制強化の検討開始
1: 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/07/19(木)09:56:36 ID:???
新幹線止めた「太陽光パネル」 神戸市が設置規制強化を検討

先週の大雨で山陽新幹線も一時運行を見合わせ大きな影響が出ましたが、理由は雨そのものではなく神戸市の線路脇に設置されていた太陽光パネルが倒壊したから、というものでした。付近の住民が「ずさんな工事だ」と憤る中、神戸市は太陽光パネルの設置に規制を加えることを検討しています。

近畿に大雨が降り始めた5日。午後10時前、神戸市須磨区で山の斜面に設置されていた太陽光パネルが崩れ落ちました。現場のすぐ下には山陽新幹線の線路が。新幹線は安全確認のため一時、運転を見合わせました。

「住宅街を抜けると、太陽光パネルの崩落現場です。現在作業が行われています」(ビジャン亜里沙記者リポート)

13日に現場を訪ねると、倒壊したパネルはすでに撤去されていましたが、露わになった山肌からは現場が非常に急な斜面だったことがわかります。

「すごく怖かったですよ。セメントが割れる音とか地割れみたいな。太陽光パネルをつないでいる線がぷちぷち切れる音も聞こえた」(近所の住民)

この土地は付近の住宅を販売した工務店が所有。別の業者に委託しパネルを設置していましたが、住民には何の説明もなかったといいます。

「最初は3軒ぐらい家が建つと聞いてたんですけど、(今回のことで)工務店の会長と話をしたくて、来てくださいと連絡したんですけど、『忙しい』の一点張りで」(近所の住民)

太陽光パネルが設置されたのは4年前。なぜこんな狭くて危険な場所に設置されたのでしょうか?

「大阪府茨木市の住宅街です。ニュータウンですが、すべての住宅の屋根に太陽光パネルが設置されています。空から見ると、ここ数年、街では太陽光パネルがとにかく目立ちます」(神崎智大記者リポート)

7年前の東日本大震災以降、再生可能エネルギーの普及が叫ばれ「固定価格買い取り制度」で当時、高い価格が設定された太陽光発電に土地を余らせていた事業者などが殺到しました。(以下略)

[mbs 2018.7.13]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00023501-mbsnews-l28


※関連記事
【やっぱりこうなった】画像:斜面に並べられたソーラーパネルが大雨で倒壊し、新幹線も止める壮絶な状態。危険地帯がたくさんある模様



【恐怖画像】豪雨で太陽光パネル(約3600平方m)崩落、真下には住宅・国道



【ソーラー恐すぎワろえない】水没したパネルに注意喚起!日が照れば発電開始、屋根に乗ってる建物は火災の恐れあり!ヤバい化学物質も溶け出しどうしようもない

(((゚Д゚))) 「ソーラーパネルの家の火事は、消防車の放水消火ができない」消防士が感電


2: 名無しさん@おーぷん 2018/07/19(木)10:02:10 ID:AYB
おい、スッカラカン、オノレの不始末やろ!?。
なんとか言うたらんかい!。

続きを読む
49
コメント
【すげぇ】広島・意識高い団地(高齢者多):全域が土石流被害想定箇所、普段から徹底訓練した結果→土石流くらってもけが人ゼロwwwwwwwwwwww
1: 樽悶 ★ 2018/07/19(木) 22:47:17.90 ID:CAP_USER9
土石流でもけが人ゼロの団地 結実した訓練と担当者制度

西日本を襲った豪雨が引き起こした土石流は、各地の山あいの集落になだれ込んだ。広島県東広島市黒瀬町の洋国(ようこく)団地では、一戸建て49戸のうち約10戸が大破し、ほかの約10戸にも土砂が流れ込んだ。しかし、犠牲者やけが人はゼロ。「日頃の自主防災活動が実を結んだ」と感じる住民もいる。

6日朝、洋国団地は激しい雨音に包まれていた。

「空襲みたいな雨の音じゃ」。団地に暮らす女性(90)は昔を思い出し、怖くなった。女性も夫(83)も足が不自由だ。土砂降りの雨の中、自分たちだけで避難するのは難しい。

戸建てが並ぶ洋国団地では、災害時に自力で避難するのが難しい住民について避難を助ける「担当者」をあらかじめ決めていた。

「雨が怖いけえ、避難所に連れて行ってください」

女性は「担当者」の大野昭慶さん(75)に電話した。午前8時ごろ、迎えに来てくれた大野さんの車で約4キロ離れた市の保健福祉センターに移動した。団地を土石流が襲ったのはその翌朝だ。7日午前5時半ごろ、川の上流から地鳴りとともに土砂と濁流が団地に押し寄せた。

森山博樹さん(56)の自宅1階は直径数メートルの岩や土砂でえぐられ、泥に覆われた。増田直美さん(42)の自宅前には濁流とともに乗用車7台が流れ着いた。

このとき、団地の住民約95人のうち、足の不自由な高齢者ら約3分の1はすでに避難を終えていた。自宅に残っていた森山さんや増田さんも2階に逃げた。この団地では、死者もけが人も1人も出なかった。

市のハザードマップによると、洋国団地は全域が「土石流被害想定箇所」とされている。団地では3年前から年2回、土砂災害を想定した避難訓練を続けてきた。毎回、住民の約4分の1が参加し、近くの老人集会所に実際に避難した。

団地の自治会に訓練を提案したのは大野さんだ。2011年の東日本大震災をきっかけに、「災害はどこでも起こりうる。何かがあってからでは遅い」と考えた。市の担当者を呼んで防災講座を開いた。団地の家に危険が迫ったとき、少しでも遠くに逃げられるように、空き地の草を刈り、土地をならし、手作りの避難道をこしらえた。ハザードマップを常に持ち歩く。

民生委員の経験もあり、歩くのが難しい高齢者や障害のある住民が団地にいることも把握していた。避難を助ける「担当者制度」を考案し、民生委員ら5人を「担当者」に決めた。実際に介助ベルトを使って背負って運ぶ訓練もした。

大野さんとともに防災活動に取り組む山本俊徳さん(71)は、自治会の掃除などで顔を合わせる住民たちに、「自分の命は自分で守る。何かあったら早(はよ)う逃げんさいよ」と繰り返し訴えてきた。

家々を襲った被害の大きさと、それでも守られた住民たちの命。

「英会話と同じで、繰り返していたらいつか覚えてくれると信じていた。今回は偶然も大きいと思いますが、死者ゼロは奇跡です」と山本さんは言う。(半田尚子)

自主的に立ち上げた「災害対策本部」

土石流が団地に押し寄せた7日、住民は「洋国団地災害対策本部」を自主的に立ち上げた。以降、団地に住む現役の海上自衛官、川野憲一さん(48)が会議の議事録を作り続けている。1995年の阪神大震災など被災地に派遣された経験から「正確な情報を記録することが大事」と考えている。

《10日 1420 市長ほか数名 現場視察》
《11日PM 現在小谷川復旧作業の侵入口および全体の水流/作業検討中》

その日の出来事とともに会議の参加者や議論の経過を記し、課題を整理する。

「住人での復旧作業は危険がともない、二次被害が生起する恐れがある。専門家による現場検証後の委任作業に任せる」「今、目の前で起きていることの検証がいつか必要になる。詳細な記録は後世への教訓にもなる」と川野さんは言う。(半田尚子)

がれきに覆われた洋国団地内の道路。山際にあるため重機が入りにくく、住民の手による復旧作業が続く


普段から持ち歩くハザードマップを見る大野さん=14日午後、広島県東広島市、半田尚子撮影


日中の作業を終え、避難所で議事録をつくる川野さん=14日午後、広島県東広島市、半田尚子撮影


[朝日 2018.7.19]
https://www.asahi.com/articles/ASL7K44TZL7KPTIL00H.html

2: 名無しさん@1周年 2018/07/19(木) 22:48:38.79 ID:9tpOmFzd0
蓮舫「チッ、、、、、、、、」

6: 名無しさん@1周年 2018/07/19(木) 22:49:50.61 ID:vTA9ZNEd0
やっぱりこういう訓練って必要なんだね

続きを読む
78
コメント
【120人】豪雨:水上バイクで登場した兄ちゃんら、120人を救助!バイクに高齢者を乗せ「じいちゃん、命がけで助けたんじゃけ、長生きしてよ!」
1: ばーど ★ 2018/07/19(木) 07:00:04.07 ID:CAP_USER9
水上バイクで来たヒーロー 15時間かけ120人救う

西日本豪雨で甚大な浸水被害を受けた岡山県倉敷市真備(まび)町で、多くの住民が取り残される中、「どげんかしたらないかん」と、水上バイクで約15時間にわたり、約120人を救助した町出身の若者がいる。「町のヒーローじゃ」。救助された住民たちから命の恩人として感謝されている。

「おかんが真備の家に取り残されとる。どうにか助けてもらえませんかね?」

7日昼前、岡山県総社市の建設業、内藤翔一さん(29)は、同じ真備町出身の後輩で岡山市に住む上森圭祐さん(25)から電話で頼まれた。

地元の浸水被害に、内藤さんは「なんかできんか」と思っていた矢先だった。趣味で水上バイクに乗ることがあり、免許も持っている。総社市の自宅から真備町はほど近い。

「すぐ行っちゃるわ」

水上バイクを友人から借りて、出発した。

昼過ぎ、泥水は民家の2階ほどまで上がり、水かさは依然として少しずつ増していた。木やタイヤなど様々なものが流れ、油の臭いが鼻を突いた。ヘリの音が響く中、ベランダや屋根の上に避難している人々から救助を求める声が、数メートルおきに聞こえた。

「助けて」「こっち回って!」

「次行くけ、待っとって」と伝え、最初に上森さんの母親を救出した。

取り残されている人々の多くが高齢者。自力でバイクに乗ることができず、抱きかかえる必要がある。途中から地元の後輩にも手伝ってもらった。助け出した人々は、高台にある森泉寺まで運んだ。

近くの岩田忠義さん(73)夫婦も内藤さんたちのバイクに助けられた。軒下まで水が迫り、夫婦で屋根の上に避難した。昼過ぎに119番や110番で救助を頼んだが、助けは来なかった。ヘリが近くを飛ぶ度にタオルを巻いたさおを振って助けを求めた。

数時間すると「ブーン」と鈍い音が響いた。「もしかして、やっと助けが来たのか」。近づいてきたのは水上バイク。内藤さんから「子どもを先に運ばせてな。絶対戻るけん、絶対間に合うけん、頑張って」と励まされ、ほっとした。

しばらくして、約束通り内藤さんは来た。バイクに乗りながら「じいちゃん、命がけで助けたんじゃけ、長生きしてよ。絶対で」と肩をたたかれた。

うれしくて、涙が出た。 「内藤さんは、町のヒーロー。命の恩人じゃ」

「立て直したい」炊き出しも

屋根の上に3時間以上立ち続けて足が動かなくなった高齢夫婦にも出会った。水は屋根の上に達していた。疲れ切った顔で「もうだめじゃ。わしらええけ、他行ったげて」と言った。

「いや、絶対助けてやる」。水上バイクをロープで固定し、屋根まで歩み寄り、水につかりながらも、夫婦が呼吸できるように高めに抱きかかえて乗せた。

日が暮れると、住民はライトを振ったり笛を鳴らしたりして存在を知らせていた。夜中には水深が浅くなり、水上バイクの底が何かにぶつかって何度も転倒したが、起き上がって救助を続け、午前4時までに計120人ほどを運んだ。途中から、避難先の森泉寺には内藤さんの後輩数人が集まり、バイクから住民を降ろす作業などを手伝った。

森泉寺によると、7~8日に100人ほどが境内に身を寄せた。寺以外にも、希望する場所まで送られた人が20人ほどいた。

水上バイクは傷だらけになった。燃料は何度も補充した。必死に救助を続け、最後は全身がつって動けなくなった。後日、避難所で炊き出しのボランティアをしていると、救助した高齢者から次々と感謝の声をかけられた。「それだけで、やってよかったと思った」

内藤さんに母親を救助してもらった上森さんも町に駆けつけていた。7日昼過ぎから深夜まで釣り用のボートで救出にあたり、約100人を避難させた。

2人は現在も避難所での炊き出しや知人の家や店舗の片付けを手伝っている。実家の片付けも残っているが、「自分ができることを続けて真備町を立て直していきたい」と内藤さん。被災地を駆け回っている。








[朝日 2018.7.19]
https://www.asahi.com/articles/ASL7L3JDSL7LUTIL011.html


※関連スレ
【画像】水上バイク所有の一般人、救助で活躍しまくる!!!
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1531101415/

5: 名無しさん@1周年 2018/07/19(木) 07:02:26.99 ID:WSiuvk1z0
カッコいいな
良い話
って朝日かい

続きを読む
管理人より
セミファイナルに怯える日々(´Д⊂ヽ
最新記事
人気記事
カテゴリ
アクセスランキング
サイトについて
Internet Explorer 9以降、
Google Chrome/Firefox最新版での閲覧を推奨します。
オススメ